Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iモード向けサイト「ヴィレッジヴァンガード」でシステム障害

IMJモバイルが運営するiモード向けショッピングサイト「ヴィレッジヴァンガード」でシステム障害が発生した。会員専用ページで他会員の情報が一時閲覧可能になったという。

今回のシステム障害は顧客18名の会員専用ページについて、一定の条件下でアクセスした場合、他会員にも閲覧できる状態になったもの。4月16日午前9時から4月18日午前11時45分までの約2日間にわたり発生した。

同社によると、障害の原因は、携帯端末を識別する際の不具合で、個体情報を取得できない状況が発生したことにより、以前にアクセスしたほかの会員の情報が表示される状態になったという。同ページには、会員の氏名、ニックネーム、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレスなどが含まれる。

同社では原因の究明と再発防止策が完了するまで、同サイトを停止するとしている。また該当する会員に対し、詳細と今後の対応について説明するほか、日本情報処理開発協会や経済産業省へ事故を報告した。

(Security NEXT - 2007/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ