Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iモード向けサイト「ヴィレッジヴァンガード」でシステム障害

IMJモバイルが運営するiモード向けショッピングサイト「ヴィレッジヴァンガード」でシステム障害が発生した。会員専用ページで他会員の情報が一時閲覧可能になったという。

今回のシステム障害は顧客18名の会員専用ページについて、一定の条件下でアクセスした場合、他会員にも閲覧できる状態になったもの。4月16日午前9時から4月18日午前11時45分までの約2日間にわたり発生した。

同社によると、障害の原因は、携帯端末を識別する際の不具合で、個体情報を取得できない状況が発生したことにより、以前にアクセスしたほかの会員の情報が表示される状態になったという。同ページには、会員の氏名、ニックネーム、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレスなどが含まれる。

同社では原因の究明と再発防止策が完了するまで、同サイトを停止するとしている。また該当する会員に対し、詳細と今後の対応について説明するほか、日本情報処理開発協会や経済産業省へ事故を報告した。

(Security NEXT - 2007/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断