Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

十条電子、オプション機能充実の暗号化USBメモリを発売

十条電子は、管理者ツールによるオプション機能を充実させた暗号化USBメモリ「Disk Key Cipher」を発売する。

同製品は、暗号化機能を備えたUSBメモリ。ソフトのインストールは必要なく、保存したいファイルをメモリ内へコピーするだけで自動的に暗号化され、ファイルをパソコンへ戻すと複合化される。暗号化のアルゴリズムはAES256ビット。ファイルごとにさらなる暗号化を実施したり、有効期限の設定することも可能。メモリの紛失や盗難時には、8桁以上のパスワードが必要なため、データの漏洩を防ぐことができる。

別売りの管理者ツールにより、パスワードの桁数とパスワード誤入力の制限回数を変更可能。特定のパソコン以外へデータをコピーを禁止する機能や、パソコン内部のデータを暗号化する機能、暗号化されたファイルの直接編集にも対応する。

128Mバイトから4Gバイトまで容量の異なる6製品をラインナップ。ハイパーギア製の「パーソナル・シングル・サインオン」との連携も実現している。

(Security NEXT - 2007/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所