Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用停止口座を不正アクセスで再開、現金引き出した容疑者が逮捕

警視庁は、インターネットバンクに対して不正アクセスを行い、現金を引き出したとして不正アクセス禁止法違反や私電磁的記録不正作出の容疑で神奈川県内に住む男性を逮捕した。

同庁によれば、同容疑者は、ひったくりによりキャッシュカードやID、パスワードなどを入手。さらにネットバンクに不正アクセスを行い、利用停止となっていた口座についてサービスを再開させ、現金110万円を引き出していたという。

(Security NEXT - 2007/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か