Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows DNSサーバーの脆弱性にゼロデイ攻撃が発生 - MSは更新プログラムを準備

マイクロソフトは、同社サーバ製品におけるDNSサーバ機能の一部に脆弱性があり、悪用される可能性があるとして更新プログラムの準備を進めている。

影響があるのは、「Windows 2000 Server SP4」「Windows Server 2003 SP1」「Windows Server 2003 SP2」で、DNSサーバのリモートプロシージャコール機能に脆弱性が存在し、コードが実行される可能性がある。

すでに脆弱性に対する攻撃についても報告を受けており、同社では月例更新以外での提供も視野に入れ、更新プログラムの開発を進めている。また、根本的な解決とはならないが、レジストリキーの設定によりDNSサーバーのRPC機能のリモート管理を無効にすることで攻撃を回避することができる。

Windows DNSサーバーのRPC の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/935964.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正