Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows DNSサーバーの脆弱性にゼロデイ攻撃が発生 - MSは更新プログラムを準備

マイクロソフトは、同社サーバ製品におけるDNSサーバ機能の一部に脆弱性があり、悪用される可能性があるとして更新プログラムの準備を進めている。

影響があるのは、「Windows 2000 Server SP4」「Windows Server 2003 SP1」「Windows Server 2003 SP2」で、DNSサーバのリモートプロシージャコール機能に脆弱性が存在し、コードが実行される可能性がある。

すでに脆弱性に対する攻撃についても報告を受けており、同社では月例更新以外での提供も視野に入れ、更新プログラムの開発を進めている。また、根本的な解決とはならないが、レジストリキーの設定によりDNSサーバーのRPC機能のリモート管理を無効にすることで攻撃を回避することができる。

Windows DNSサーバーのRPC の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/935964.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券