Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

斎場利用者の情報がネット流出 - 廃棄前パソコンの盗難が原因か

岸和田市は、同市が運営する斎場で扱った個人情報がインターネット上へ流出したと発表した。

流出が判明したのは、2001年から2004年までの斎場の火葬に関する業務日報などの帳票。同市によると、2006年1月にデータが保存されていたパソコンが動かなくなったため、廃棄するために事務所裏に置いておいたところ、何者かに持ち去られたという。

盗難にあったパソコンには、火葬者や申請者などの氏名や住所といった個人情報が1万件以上保存されており、盗難後にパソコン内のデータが外部へ流出したと見られている。

(Security NEXT - 2007/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むMOディスクが所在不明 - りそな銀
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
SAP、定例パッチをリリース - CVSS最高値の脆弱性を修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁