Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

斎場利用者の情報がネット流出 - 廃棄前パソコンの盗難が原因か

岸和田市は、同市が運営する斎場で扱った個人情報がインターネット上へ流出したと発表した。

流出が判明したのは、2001年から2004年までの斎場の火葬に関する業務日報などの帳票。同市によると、2006年1月にデータが保存されていたパソコンが動かなくなったため、廃棄するために事務所裏に置いておいたところ、何者かに持ち去られたという。

盗難にあったパソコンには、火葬者や申請者などの氏名や住所といった個人情報が1万件以上保存されており、盗難後にパソコン内のデータが外部へ流出したと見られている。

(Security NEXT - 2007/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客宛のキャンペーン案内メールを「CC」送信 - MGT
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
Apple、Macやスマートデバイス向けに重要なセキュリティアップデート
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令