Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

淡路信金、異なる顧客のキャッシュカードを誤封入して郵送

淡路信用金庫は、3月2日に顧客2名のキャッシュカードを郵送した際、誤って別の顧客のキャッシュカードを封入して郵送していたことを明らかにした。

誤って封入したのは顧客2名の普通預金キャッシュカードで、顧客の氏名、口座番号、取引店番号が記載されている。担当者が郵送する際、誤って別の顧客のカードを封入して送付した。同庫では、発覚後に誤送付されたキャッシュカードを回収した。

事故の再発防止を目指し、封入の際には担当者および確認者の2名で行うとともに、役職者が最終チェックをするなどの対策を講じるという。

(Security NEXT - 2007/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も