Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩やウイルスを不安とする声は8割超 - 子供には有害サイトが心配

デジタルアーツは、インターネット利用者を利用する25歳以上の男女927人を対象にネット上の脅威や有害コンテンツ、フィルタリング技術などに関する調査を実施し、結果を公表した。

インターネット上の犯罪行為の被害にあったユーザーは7%で、周辺で被害関係者がいるという回答8%を合わせると15%に達した。また、不安や危険だと思う脅威については、個人情報漏洩を懸念する声がもっとも多く約85.2%。ウイルスが約82%と僅差で続いている。またフィッシング詐欺も約65.8%にのぼった。

一方で、子供にとって不安や危険と思われる脅威を尋ねると、アダルト情報や犯罪、出会い系サイトといった有害サイトがトップで約89.6%ともっとも多く、約60%のウイルスや約57.8%の個人情報漏洩に大きく差を付けている。

また危険を感じたり好ましくないコンテンツとしては、暴力や犯罪、不正技術の解説、ポルノ、出会い系サイトなどを挙げる声が目立った。フィルタリング技術については、知っているとした回答は全体で53%と約半数。男性は68%と高い認知率だったが、女性では48%にとどまった。

(Security NEXT - 2007/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース