Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、Web2.0対応の脆弱性診断サービスを開始

京セラコミュニケーションシステムは、従来のウェブ脆弱性診断サービスに、「Web2.0対応プラン」を追加して提供開始した。

同サービスは、ウェブサイトやウェブアプリケーションを診断して脆弱性を発見するもの。同社エンジニアによるマニュアル診断と専用ツールによるセミオート診断を組み合わせたサービスを展開している。

今回追加された「Web2.0対応プラン」では、従来の診断にくわえ、SNSやブログなどユーザー参加型のサイトに発生しやすい脆弱性を、エンジニアがマニュアルで診断。これにより、ユーザーによるHTMLの入力やCSSの指定により発生する危険性を診断することができる。価格は1サイト189万円から。

(Security NEXT - 2007/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も