Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今後増加が予想される「IP電話スパム」の撃退技術を開発 - NEC

NECは、IP電話を利用したスパム(SPIT)を防止する「VoIP SEAL」を開発した。

IP電話は、通話料金が無料だったり安価に設定されているため、今後スパム事業者による同技術を利用したスパム「SPAM over IP Telephony(SPIT)」の増加が懸念されている。

今回、NECが開発した技術は、これらSPITに対応するもので、SIPサーバ上でチューリング・テストを行うことで、人からの電話かスパムを通話前に判別、不正なアクセスについては呼び出し前に遮断する。同社がシミュレーションを実施した結果、スパム99%を判別できたという。

モジュール構造のため、システムに合わせたカスタマイズが可能。また、多用な攻撃に対して、モジュールの追加や更新のみで対応できるという。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校説明会の申込者宛メールで誤送信 - 大阪府
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる