Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部外付けHDDにトロイの木馬が混入 - ロジテックがリコール

ロジテックは、外付けタイプハードディスクの一部にウイルスが混入していたことが判明したとして、回収交換を進めるとともに、利用者に対してウイルス対策を実施してほしいとアナウンスしている。

混入のおそれがあるのは、1月16日以降に出荷された3.5インチのハードディスクを搭載した外付けハードディスク「LHD-ED250U2」「LHD-ED400U2」「LHD-ED250SAU2」の一部。「LHD-ED250U2」については28台、他2機種はそれぞれ20台について感染しているという。混入したウイルスは、バックドアを作成するトロイの木馬「DROPPER」や「PERLOVGA」「SMALL」など。

同社では、今回の感染事故を受け、回収交換を実施するとしているが、すでに利用している場合は、すぐに利用を中止し、ウイルス対策を実施してほしいと呼びかけている。

該当製品であるかは、同社ウェブサイト上でシリアル番号を入力することにより確認できる。同社では対応済み製品については製品の外箱にオレンジのシールを貼っており、製品背面の型番末尾に黒のドットを打っており、問題なく利用できるとしている。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市