Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本テレビ、謝礼金の支払調書を誤送付 - 宛名の印刷ミスで

日本テレビは、1月23日に個人向けの支払調書を郵送した際、59名分の調書に誤った宛名を記載して送っていたことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、2006年中に同社が謝礼金などを支払った個人に宛てて発送した支払調書。24日に受け取った関係者から誤送付の指摘があり、確認したところ、郵送した約2100枚中59名分の調書に別の受取人の住所を印刷して送付していたことが判明した。事故の原因は一部が印刷機の設定ミスで宛名と書類がずれて印刷され、そのまま発送したためだという。

同社では関係者に対して謝罪し、誤送付された調書を回収。本来の調書を送付した。また、59件以外については正しい調書を送付したことを確認したという。

(Security NEXT - 2007/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC