Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報1万5657件含むHDDを紛失 - リフォームサイト運営会社

ホームプロは、顧客情報1万5657件や取引先の企業情報737件などが保存された携帯用ハードディスクが所在不明になっていることを公表した。

所在不明となっているハードディスクには、同社のサービスを利用したり問い合わせを行った顧客のデータ1万5657件が保存されていた。顧客によって含まれる個人情報が異なるが、氏名、住所、電話番号などが含まれる。さらにサービスへ加盟する企業737件の住所、電話番号、メールアドレスなども併せて保存されていた。

1月7日に同ハードディスクの紛失が判明。遺失届を提出している。該当する顧客に対しては、翌18日にメールで報告しているが、改めて謝罪の書面を送付するという。

(Security NEXT - 2007/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都立高で生徒情報含むファイルを紛失 - 生徒間に画像が拡散し判明
電子版会員の個人情報がウェブから閲覧可能に - 熊本日日新聞
がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正