Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市交通局が個人情報流出事件で調査報告 - 「情報の拡散進んでいない」

大阪市交通局の業務情報がファイル交換ソフトを通じて流出した問題で、同局は調査内容を公表した。

同局職員の私有パソコンにインストールされたファイル交換ソフトを通じて、顧客情報305件をはじめとする業務関連情報などが流出したもの。12月6日に判明し翌7日に公表していた。流出したファイルは、地下鉄構内で発生した痴漢や転倒など、事件や事故の報告書で、氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれていた。

同局では、流出判明後に実施した調査で、流出先は数件に留まり、情報の拡散も進行していないことを確認したという。今後も必要に応じて、流出状況の調査を行うとしている。

(Security NEXT - 2007/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を