Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2967番ポートのスキャンが増加 - セキュリティ製品の脆弱性狙うワームが原因か

JPCERTコーディネーションセンターは、12月に入ってからTCP 2967番ポートへのスキャンが増加しているとして注意を呼びかけている。

同センターが運用するインターネット定点観測システム「ISDAS」により把握したもので、11月以前は目立ったアクセスが少なかった同ポートに対して、12月に入ってからアクセスが徐々に増え始め、22日や24日にはピークに達した。

原因は特定できていないが、2006年5月に明らかになっているシマンテック製品「Symantec Client Security」「Symantec AntiVirus」の脆弱性を狙ったワームの可能性があるという。

同センターでは、ウイルス対策製品における最新定義ファイルの利用やTCP 2967番ポートを利用した内部、外部からのフィルタリングなどを推奨している。また、同製品を導入している場合は、パッチの適用など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大