Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2967番ポートのスキャンが増加 - セキュリティ製品の脆弱性狙うワームが原因か

JPCERTコーディネーションセンターは、12月に入ってからTCP 2967番ポートへのスキャンが増加しているとして注意を呼びかけている。

同センターが運用するインターネット定点観測システム「ISDAS」により把握したもので、11月以前は目立ったアクセスが少なかった同ポートに対して、12月に入ってからアクセスが徐々に増え始め、22日や24日にはピークに達した。

原因は特定できていないが、2006年5月に明らかになっているシマンテック製品「Symantec Client Security」「Symantec AntiVirus」の脆弱性を狙ったワームの可能性があるという。

同センターでは、ウイルス対策製品における最新定義ファイルの利用やTCP 2967番ポートを利用した内部、外部からのフィルタリングなどを推奨している。また、同製品を導入している場合は、パッチの適用など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能