Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2967番ポートのスキャンが増加 - セキュリティ製品の脆弱性狙うワームが原因か

JPCERTコーディネーションセンターは、12月に入ってからTCP 2967番ポートへのスキャンが増加しているとして注意を呼びかけている。

同センターが運用するインターネット定点観測システム「ISDAS」により把握したもので、11月以前は目立ったアクセスが少なかった同ポートに対して、12月に入ってからアクセスが徐々に増え始め、22日や24日にはピークに達した。

原因は特定できていないが、2006年5月に明らかになっているシマンテック製品「Symantec Client Security」「Symantec AntiVirus」の脆弱性を狙ったワームの可能性があるという。

同センターでは、ウイルス対策製品における最新定義ファイルの利用やTCP 2967番ポートを利用した内部、外部からのフィルタリングなどを推奨している。また、同製品を導入している場合は、パッチの適用など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準