Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀藤沢支店で強盗事件 - 小切手や個人情報記載書類など奪われる

りそな銀行は、同行藤沢支店において強盗障害事件が発生し、個人情報を含む書類などが奪われたと発表した。

犯人は2人組で、支店前の路上で受け渡しを行っていたところ襲われ、輸送袋ごと持ち去られたという。持ち去られた輸送袋には、小切手のほか、クレジットカード申込書、税金や公共料金の納付書、振込依頼書、口座振替依頼書、インターネットバンキング申込書、処理済みの伝票などが入っていた。

同行では内容物の特定を急いでおり、判明次第、顧客へ事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市