Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスを公表 - エグゼコミュニケーションズ

エグゼコミュニケーションズは、報道関係者へメールを送信する際に、誤ってアドレスを宛先に記載し、一部流出したことを公表した。

報道関係者へ発表文を送付する際、誤ってCCを利用してしまったもの。同社データベースASPサービス「Secure[DB]によるものではなく、同サービスへの影響はないとしている。

受信者による指摘で判明。問題のメールには、8件の報道関係者のメールアドレスが確認できる状態になった。他にも11件のアドレスが含まれるが、いずれも外部へ公開されているアドレスだった。

同社では謝罪と削除を依頼するメールを送付。また事故後に緊急対策会議を開催、対応計画を策定しており、早急に実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携