Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスを公表 - エグゼコミュニケーションズ

エグゼコミュニケーションズは、報道関係者へメールを送信する際に、誤ってアドレスを宛先に記載し、一部流出したことを公表した。

報道関係者へ発表文を送付する際、誤ってCCを利用してしまったもの。同社データベースASPサービス「Secure[DB]によるものではなく、同サービスへの影響はないとしている。

受信者による指摘で判明。問題のメールには、8件の報道関係者のメールアドレスが確認できる状態になった。他にも11件のアドレスが含まれるが、いずれも外部へ公開されているアドレスだった。

同社では謝罪と削除を依頼するメールを送付。また事故後に緊急対策会議を開催、対応計画を策定しており、早急に実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消