Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、なりすましメール対策に注力、「SPFレコード」を公開

ヤフーは、メールサービス「Yahoo!メール」に送信元のドメインを認証する「SPF」を導入し、「SPFレコード」の公開を開始した。

「SPF」は、送信元のメールアドレスのドメインとIPアドレスが、送信側で設定しているSPFレコードと一致するかどうかを認証することで、送信元の真偽を確認できる技術。

「SPF」に対応したサーバーでメールを受信する必要があるが、大手プロバイダや携帯電話キャリアでは導入が進んでおり、迷惑メール対策などに活用されている。同社では、「Yahoo!メール」の受信サーバにおいても対応を予定している。

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大