Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRA、2006年のセキュリティ十大ニュースを発表 - 1位はWinny流出の多発

ネットワークリスクマネジメント協会は、「2006セキュリティ十大ニュース」を発表した。

同協会では、情報セキュリティ啓発活動の一環として2001年から毎年ニュースを選定、発表している。社会的影響や報道された頻度などを基準に、同協会会員企業の有志を選定を行っている。

第1位は「Winny経由の情報漏えい事件多発」、第2位は「J-SOX 内部統制実施基準案発表される」、第3位は「MSの狙われた第2火曜日」と続いた。また、十大ニュースの傾向を「基盤整備は効果をあげるか、その兆しまだ見えず」と総括。1位から10位までは以下のとおり。

第1位:Winny経由の情報漏えい事件多発
第2位:J-SOX 内部統制実施基準案 発表される
第3位:MSの狙われた第2火曜日
第4位:個人情報保護法に過剰反応
第5位:航空自衛隊員個人PCから機密情報流失
第6位:増え続けるスパムメール
第7位:SoftBank Mobile MNPの受付で基本的なIT障害
第8位:NTT東西 ひかり電話が長時間トラブル
第9位:米国でも大規模な重要個人情報の漏えい!
第10位:政府「情報セキュリティの日」を2月2日と制定

(Security NEXT - 2006/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性