Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny開発は著作権違反幇助 - 開発者に罰金刑

ファイル交換ソフト「Winny」の開発者である金子勇被告が著作権法違反幇助を問われた裁判の判決が京都地方裁判所で行われた。

同地裁では、同被告の著作権違反幇助を認め、検察側の求刑懲役1年に対し、罰金150万円とする実刑判決を言い渡した。判決では、技術は中立であるとの認識も示す一方で、同被告が違法行為に利用されることを認識しながらソフトウェアの公開を行ったことが判決理由となった。

今回の事件では、同氏が開発したファイル交換ソフトであるWinnyを媒介として利用し、著作権法違反で逮捕、有罪となった事件について、幇助したとして起訴されていた。同氏が実際に著作権法を違反しておらず、開発行為のみで著作権法違反の「幇助」を問えるか注目を集めていた。

同氏は今回の判決を不服として、控訴する方針だという。

(Security NEXT - 2006/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
なりすましメール発生、ネットバンキングも一時利用不能に - 都留信組
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ