Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道銀行、顧客情報記載の資料を紛失 - 誤廃棄の可能性

北海道銀行は、岩見沢支店において、顧客情報880件が記載された資料の紛失が、内部監査によって明らかになったと発表した。

紛失が判明したのは、電算還元資料や帳票類といった内部資料。個人顧客640件と法人顧客240件、合わせて880件の顧客情報が記載されていたという。顧客の氏名、住所、口座番号、取引金額などが含まれる。

同行では、6月1日に不要書類を廃棄処分した際、誤って混入させてともに廃棄した可能性が高いとしている。いずれの情報もコンピュータ帳簿に同様の内容が保存されており、業務への支障はないとしている。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携