Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pやキーロガーなどグレーツールに対応した「AntiMalware」最新版 - アークン

アークンは、ウイルスやスパイウェアなどの不正プログラムにくわえ、ファイル交換ソフトやキーロガーなどの「グレーツール」にも対応した企業向けマルウェア対策ソフト「AntiMalware v5」を、2007年1月より発売する。

同製品は、ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、ハッキングツールなどの不正プログラムを検知、削除する企業向けマルウェア対策ソフト。あらたに搭載された「拡張マルウェアデータベース」により、ファイル交換ソフトやキーロガーなど、不正プログラムとは言えないが、企業にとってリスクとなり得るソフトへの対応が可能となった。

専用のクライアント管理ツールの機能強化により、ネットワーク上にある端末の集中管理はもちろん、管理ツールのアクセス権限をシステム管理者、グループ管理者、監査人ごとにレベル分けできる。また、カテゴリ別に検知対象選択や除外設定が行えるため、企業のセキュリティポリシーに合わせた柔軟な運用が可能。

アンチウイルス機能を含む「AV」タイプと、スパイウェア対策を中心に対応した「AS」タイプの2種類が用意されている。また、同社ではASPサービスについても準備を進めている。

061205ak.jpg

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区