Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる著作権被害は約100億円 - ACCSなどが試算

ファイル交換ソフト「Winny」による被害額が約100億円に上ることが、コンピュータソフトウェア著作権協会と日本音楽著作権協会の試算によりわかった。

両団体では、10月10日に6時間の調査を実施。21万ユーザーがWinnyを利用し、音楽では61万ファイル、ビジネスソフトウェア約61万タイトル、アニメーション約18万タイトル、コミック約159万タイトルの流通を確認したという。それぞれを試算すると、音楽ファイルについては4億4000万円、コンピュータソフトウェアなどの合計にいたっては95億円で、あわせて約100億円の被害に上ることがわかったという。

両団体では、著作権侵害行為として、日本データ通信協会の協力のもと、プロバイダ経由で注意喚起など啓蒙活動を展開するという。

(Security NEXT - 2006/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合