Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる著作権被害は約100億円 - ACCSなどが試算

ファイル交換ソフト「Winny」による被害額が約100億円に上ることが、コンピュータソフトウェア著作権協会と日本音楽著作権協会の試算によりわかった。

両団体では、10月10日に6時間の調査を実施。21万ユーザーがWinnyを利用し、音楽では61万ファイル、ビジネスソフトウェア約61万タイトル、アニメーション約18万タイトル、コミック約159万タイトルの流通を確認したという。それぞれを試算すると、音楽ファイルについては4億4000万円、コンピュータソフトウェアなどの合計にいたっては95億円で、あわせて約100億円の被害に上ることがわかったという。

両団体では、著作権侵害行為として、日本データ通信協会の協力のもと、プロバイダ経由で注意喚起など啓蒙活動を展開するという。

(Security NEXT - 2006/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市