Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未成年者の有害サイトに対するアクセス制限普及を目指し携帯事業者に要請 - 総務省

総務省は、携帯電話事業者と電気通信事業者協会に対して、未成年者の有害サイト接続を制限するフィルタリングサービスの普及に向け、自主的取り組みを強化するよう要請した。

未成年が出会い系サイトを利用したことにより事件に巻き込まれたケースが発生していることから、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイルなどの携帯事業者に対してフィルタリングサービスへの自主的取り組みを要請したもの。

同省では、要請内容にフィルタリングサービスの提供や啓蒙活動のほか、フィルタリングサービスの利用を推奨する活動の強化を盛り込み、親権者の意思確認や既存ユーザーへの働きかけ、販売店への指導強化などを求めている。

(Security NEXT - 2006/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起