Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5種類のウイルス対策ソフトを併用 - ベクター再発防止策

ベクターは、9月に同社が提供するオンラインソフトへにウイルスが感染した問題で、再発防止策や社内処分を発表した。

同社では事件発生後、代表取締役社長の梶並伸博氏を中心に調査チームを編成し、事故調査や再発防止策を検討してきたが、正式な再発防止策を決定した。

従来は、ウイルス対策ソフトを1社のソフトに依存していたが、今後5種類のソフトを利用することで新種へ対応する。また、ウイルスの攻撃を受けやすい領域について1時間おきに検査を行い、異常時には社員全体へアラートを発するという。

さらに、ファイル改ざんなどを検出するプロセスを追加するほか、公開サーバへの転送を自動転送ではなく、有人によるものへ変更。Windowsネットワークからの接続も切断する。

また、今回の事件における社内処分を実施し、代表取締役社長と担当取締役について役員報酬20%減額を1ヵ月としたほか、常勤役員や管理責任者について役員報酬10%減額を1ヵ月とした。

(Security NEXT - 2006/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査