Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5種類のウイルス対策ソフトを併用 - ベクター再発防止策

ベクターは、9月に同社が提供するオンラインソフトへにウイルスが感染した問題で、再発防止策や社内処分を発表した。

同社では事件発生後、代表取締役社長の梶並伸博氏を中心に調査チームを編成し、事故調査や再発防止策を検討してきたが、正式な再発防止策を決定した。

従来は、ウイルス対策ソフトを1社のソフトに依存していたが、今後5種類のソフトを利用することで新種へ対応する。また、ウイルスの攻撃を受けやすい領域について1時間おきに検査を行い、異常時には社員全体へアラートを発するという。

さらに、ファイル改ざんなどを検出するプロセスを追加するほか、公開サーバへの転送を自動転送ではなく、有人によるものへ変更。Windowsネットワークからの接続も切断する。

また、今回の事件における社内処分を実施し、代表取締役社長と担当取締役について役員報酬20%減額を1ヵ月としたほか、常勤役員や管理責任者について役員報酬10%減額を1ヵ月とした。

(Security NEXT - 2006/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大