Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT Com、誤送信によるアドレス流出やデータ漏洩を防ぐメールシステムを提供

NTTコミュニケーションズは、誤送信による個人情報の漏洩を防ぐ「宛先分割・添付ファイル暗号化システム」を発売した。

同製品は、複数送信メールの宛先分割機能や、添付ファイルの自動暗号化機能などを搭載し、複数のメールを同時配信する際、宛先を誤って「TO」や「CC」に設定したことによるアドレスの流出や、誤送信による添付ファイルの流出などを防ぐメール送信システム。

「自動宛先分割機能」では、複数のメールを同時配信する際、送信サーバが自動で社外アドレスを認識し、社外に送るメールは個別に送信する。これにより、受信者以外のアドレスは表示されないため、流出を防ぐことができる。

また、「添付ファイルの自動暗号化機能」により、社内外を問わず全ての添付ファイルが自動で暗号化される。復号に必要なパスワードは別のメールで送られるため、データ漏洩の危険を軽減できる。さらに受信側の都合でこれらの機能に対応できない場合に備え、簡単な操作で機能を解除できる「例外処理機能」を装備した。

(Security NEXT - 2006/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害