Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省が業界団体へ意見募集 - 違法、有害情報へのISP対応ガイドライン

総務省は、プロバイダなどがインターネット上の違法情報に関する判断基準や情報の送信を停止する際の手続きに関するガイドラインと、事業者が自主的な対応を行えるよう、契約約款モデル条項をまとめ、関連業界団体へ意見を求めた。

同省では、2005年より「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する研究会」を設置し、ネット上の違法情報や有害情報に対する対策について検討を重ね、9月に最終報告書を発表。

今回、最終報告書の内容を受け、「インターネット上の違法情報への対応に関するガイドライン」とモデル契約約款について業界団体である「電気通信事業者協会」「テレコムサービス協会」「日本インターネットプロバイダー協会」「日本ケーブルテレビ連盟」より意見を11月15日まで募集し、その上で取りまとめ、公表する予定だ。

今回、同ガイドラインでは、インターネット上の違法情報の判断基準を示したほか、第三者機関による違法性の判断を実施し、掲示板の管理者へ送信防止措置を依頼する手続などについてまとめた。また、モデル条項を用意することで、違法や有害情報の具体例を示すほか、それら情報がサーバ上で掲載された場合のプロバイダが自主的に講じる措置をまとめている。

(Security NEXT - 2006/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム