Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、9月のウイルストップ10を発表 - 新規ウイルス数が前月の2倍に

ソフォスは、2006年9月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、9月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.33%で、先月よりも比率は下がった。しかし、9月に登場したウイルスは4080件と、先月の1998件から2倍に増加している。

同社によれば、あらたに登場したウイルスの多くは個人情報や機密情報の詐取を目的としたもので、同社では、主流が大量メール配信による無差別の攻撃から、ターゲットを絞った小規模なものへ移行していると分析。チャートの上位を占めている大量メール配信型の古いウイルスと比べると、より深刻な被害を与えるとして注意を促している。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-AS
W32/Bagle-Zip
W32/Nyxem-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-E
W32/Mytob-C
W32/Zafi-B
W32/MyDoom-O
W32/MyDoom-AJ

(Security NEXT - 2006/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験