Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CA、個人向けセキュリティソフトの最新版「CA 2007」シリーズを発売

日本CAは、コンシューマー向け総合セキュリティ対策ソフトの最新版「CA インターネット セキュリティ スイート 2007」を、10月6日より発売する。ダウンロード版はすでに提供を開始している。

同製品は、同社の従来シリーズである「eTrust」シリーズの後継にあたる総合セキュリティソフト。「CA アンチウイルス 2007」、「CA アンチスパイウェア 2007」、「CA アンチスパム 2007」、「CA パーソナルファイアウォール 2007」の機能を搭載しており、インターネット上のあらゆる脅威に対応する。

新機能として、自動で検出されたセキュリティ上の問題点を1クリックで修復する「今すぐ解決ボタン」が追加された。また、最新のセキュリティ脅威に関する情報、新種のウイルス、スパイウェア情報をリアルタイムに表示する「アウトブレーク機能」や、製品情報などを表示する「お役立ち情報機能」なども追加された。

また、データのバックアップや、アプリケーションの環境設定の移行を実現する「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」をバンドルしたプレミアム版も提供される。価格は8800円。なお、「CA アンチウイルス」「CA アンチスパイウェア 2007」「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」は単独でも提供される。

(Security NEXT - 2006/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
なりすましメール発生、ネットバンキングも一時利用不能に - 都留信組
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ