Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CA、個人向けセキュリティソフトの最新版「CA 2007」シリーズを発売

日本CAは、コンシューマー向け総合セキュリティ対策ソフトの最新版「CA インターネット セキュリティ スイート 2007」を、10月6日より発売する。ダウンロード版はすでに提供を開始している。

同製品は、同社の従来シリーズである「eTrust」シリーズの後継にあたる総合セキュリティソフト。「CA アンチウイルス 2007」、「CA アンチスパイウェア 2007」、「CA アンチスパム 2007」、「CA パーソナルファイアウォール 2007」の機能を搭載しており、インターネット上のあらゆる脅威に対応する。

新機能として、自動で検出されたセキュリティ上の問題点を1クリックで修復する「今すぐ解決ボタン」が追加された。また、最新のセキュリティ脅威に関する情報、新種のウイルス、スパイウェア情報をリアルタイムに表示する「アウトブレーク機能」や、製品情報などを表示する「お役立ち情報機能」なども追加された。

また、データのバックアップや、アプリケーションの環境設定の移行を実現する「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」をバンドルしたプレミアム版も提供される。価格は8800円。なお、「CA アンチウイルス」「CA アンチスパイウェア 2007」「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」は単独でも提供される。

(Security NEXT - 2006/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意