Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ販売代理店で約4万件の顧客情報盗まれる - 車上荒らしで

新潟市内のNTTドコモ販売代理店において約4万件の顧客情報が盗まれたことがわかった。

委託先であるテレコム三洋新潟支店の社員が、9月25日に新潟市内のショッピングセンターの駐車場で車上荒らしの被害にあったもの。備品購入のため30分間ほど駐車していた間に窓ガラスが壊され、経理処理用のデータが保存されたUSBメモリを鞄ごと持ち去られたという。

USBメモリに保存されていたデータは、2000年2月29日から2006年9月23日までに新規契約や機種変更、解約などを行った顧客情報で、氏名や携帯電話番号のほか、契約内容などを含まれる。NTTドコモによれば、氏名と携帯電話番号が含まれる顧客情報は1万9569件で、氏名が含まれる情報が1万1800件、携帯電話番号が含まるものが8034件に上るという。

同社では、専用の問い合わせセンターを設置し、対応を行う。また顧客を特定できる場合は、個別に謝罪状を送付したいとしている。

(Security NEXT - 2006/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開