Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リネージュユーザーに注意呼びかけ - エヌ・シー・ジャパン

エヌ・シー・ジャパンは、同社オンラインゲーム「リネージュ」を狙ったトロイの木馬が発生しているとして注意を喚起している。

問題となっているウイルスは、「W32/HLLP.Philis.av」。ウイルスに感染した状態でリネージュを起動するとアカウントやパスワードが盗まれる可能性があるという。

9月27日にベクターが運営するソフトウェアダウンロードポータルサイトでウイルスに感染したソフトウェアが一部公開され、のべ7000件以上がダウンロードされたことを受けたもので、同社では注意を喚起している。

リネージュを狙ったウイルスは、過去にも発生しており、カカクコムやオズモールといった大手ポータルサイトが改ざん被害に遭い、不正に埋め込まれる事件が2005年に発生している。

(Security NEXT - 2006/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加