Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、複数のバイオメトリクス認証を組み合わせた新製品

三菱電機は、入退室管理などに利用できるバイオメトリクス製品「三菱 顔・指認証装置」を発売した。

同製品は、顔認証と非接触による指透過認証を組み合わせた認証装置。自動補正を行った画像からさらに映りの良い画像を選択し、認証に利用する独自の顔認証技術を採用。撮影画像は、監視カメラにも利用できる。

顔認証の照合レベルは厳しく設定されており、認証が拒否される場合や眼帯やケガなど顔認証が利用できないユーザーに対しては指認証を提供することで柔軟な入退室管理を実現したという。また、ビルセキュリティシステム「三菱入退室管理システムMELSAFETY-P」または「三菱統合ビルセキュリティシステムMELSAFETY-G」と組み合わせて利用できる。

(Security NEXT - 2006/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協