Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCやサーバ内の個人情報を文脈解析により検出するソフト - FFC

エフ・エフ・シーは、パソコンやサーバ内の個人情報、および機密情報を含むファイルを検出するソフト「SecretBarrier」を、9月28日より発売する。

同製品は、パソコンやサーバ内をスキャンして、名前や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報や、あらかじめ設定したキーワードが含まれるファイルなどを検出するソフト。前後の文脈から推定して検出する「NE抽出」のほか、パターン照合や形態素解析といった複数の方式を組み合わせることで、高精度の検出を実現したという。

また、検出結果の一括管理やレポートの自動作成にも対応。さらに、検索条件を設定した監査ポリシーを各クライアントに一斉配信できる。価格は3990円。クライアント機能のライセンスが4179円から。サーバ機能のライセンスが39万9000円となっている。

(Security NEXT - 2006/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開