Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、委託先がメール誤送信で顧客情報81件を流出

トレンドマイクロは、9月21日に「トレンドマイクロ・オンラインショップ」の運営を委託しているサービスウェア・コーポレーションにおいてメールの誤送信が発生し、顧客情報81件が流出したと発表した。

誤送信されたメールには、同社のオンラインショップで「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ パッケージ版」を予約購入した顧客81名分の氏名、メールアドレス、注文番号などが記載されていた。商品の発送完了のメールを送信する際10名に送信したという。

同社では流出の対象となった顧客に連絡を取り、事情を説明。同メールの送付先となった顧客へ削除を依頼した。今後は安全管理体制や委託先の監督状況などを再点検して、再発の防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ