Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国電力、委託先が土地所有者の個人情報127件を紛失

中国電力は、業務委託先である中電工において、土地所有者127名分の個人情報が記載された書類47枚の所在不明になっている。

所在が不明となっているのは、タケノコの伐採工事に関連する詳細が記載された資料「筍伐採区域明細書」47枚。土地所有者127名分の氏名、住所、電話番号などが含まれていた。

中国電力によれば、工事は委託先において6月から7月の間に行われたが、工事完了後に同社が報告を求めたところ、9月6日に書類の紛失が判明したという。

同社と委託先では、探索を実施したが発見に至らず、紛失届を提出。関係者に対して、事情を説明し、謝罪したという。今後は委託先との相互チェック体制を強化したいとしている。

(Security NEXT - 2006/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市