Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

能登町、住民税に関する個人情報がWinny流出 - 業務委託先から

能登町は、同町の業務委託先より住民税の課税に関する個人情報が漏洩したと発表した。

9月9日に2ちゃんねるへ流出を示唆する書き込みがあったとして同町に通報があり判明。業務委託先である石川コンピュータ・センターの担当者が自宅へ持ち帰り、Winnyがインストールされた私用パソコンでデータを保存したため、流出に繋がったことがわかったという。

流出したのは、旧能都町における2003年度の個人住民税に関する情報4558件と2004年度の個人住民税に関する情報8134件。いずれも整理番号と税額を含むが、2004年度の情報について氏名や住所が記録されていた。

石川コンピュータ・センターによれば、Winnyがインストールされた私用パソコンでは、ウイルス対策ソフトの期限も切れており、ウイルスに感染による漏洩が発生したという。旧能都町の情報に加え、旧中島町に関するデータ2件も含まれていたこと明らかにした。

能登町では、該当する町民へ事情を説明している。同町では、職員や業務委託先に研修などを実施し、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2006/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答