Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空知信金、顧客情報含む税金領収書控など5122件の書類を誤廃棄

空知信用金庫は、平岸支店において、税金の領収書控えや水道料金の受領証など、合わせて5122件の顧客情報を含む書類を誤廃棄していたことを明らかにした。

紛失が判明したのは、2001年度と2002年度に店頭で税金や水道料金などの納付を受け付けた際に発行した領収書の控え。合わせて5122件で、氏名や住所、払込額、納付者番号などの個人情報が記載されていた。2003年と2005年に保管書類の整理を行った際、誤って廃棄したという。

また本店において、2005年10月に発送し、転居先不明などの理由で戻ってきた「お取引継続のお願い」の葉書17通の紛失が判明した。顧客の氏名、住所、口座番号などが記載されていたが、これも誤って廃棄した可能性が高いという。

(Security NEXT - 2006/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム