Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空知信金、顧客情報含む税金領収書控など5122件の書類を誤廃棄

空知信用金庫は、平岸支店において、税金の領収書控えや水道料金の受領証など、合わせて5122件の顧客情報を含む書類を誤廃棄していたことを明らかにした。

紛失が判明したのは、2001年度と2002年度に店頭で税金や水道料金などの納付を受け付けた際に発行した領収書の控え。合わせて5122件で、氏名や住所、払込額、納付者番号などの個人情報が記載されていた。2003年と2005年に保管書類の整理を行った際、誤って廃棄したという。

また本店において、2005年10月に発送し、転居先不明などの理由で戻ってきた「お取引継続のお願い」の葉書17通の紛失が判明した。顧客の氏名、住所、口座番号などが記載されていたが、これも誤って廃棄した可能性が高いという。

(Security NEXT - 2006/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施