Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DoS攻撃やボットの増加目立つ - 警察庁まとめ

警察庁は、2006年度上半期におけるインターネット上の治安情勢をまとめた。

警察庁に設置されたIDSのワーム検出数は24万9000件で、2005年下半期から約13%の減少となった。しかしながら、前年同期に比べると増加しており、予断を許さない状況となっている。

また、同庁が把握したボットネットは327で、前期と比較し、約67%の増加。確認したボット数は37万6823台で、前期の5万2723台から大幅に増加した。このうち、7万2593台が国内の端末であると同庁では分析している。

さらに、ウェブサイトを狙ったDoS攻撃の増加しており、同庁でも4万4700件の攻撃を受け、約32%の増加を記録。同庁調査によれば、2.3%の事業者がDoS攻撃を受けたという。

同庁は、ボットネットの増加やコンピュータの乗っ取りを目的としたSSHのパスワードクラックなど、不正アクセスの準備行為の増加しているとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2006/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性