Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正アクセス禁止法違反」検挙数、33.8%の増加 - 警察庁

2006年度上半期における情報技術を活用したサイバー犯罪の検挙件数が、前年同期と比較し、11.8%増加となったことが警察庁のまとめでわかった。不正アクセス禁止法違反の増加が目立っている。

サイバー犯罪の検挙件数は1802件で、前年同期と比較し190件増加した。なかでも不正アクセス禁止法違反が目立っており、検挙数は265件で、前年同期より33.8%の増加を記録。

ネットワーク利用犯罪は1503件で、そのうち詐欺が733件で全体の40.7%を占め、前年同期より9.1%増加している。その86.6%がネットオークションによる詐欺だという。また、児童買春に関連する事件が169件で、前年同期より18.2%増加している。

一方、相談件数は3万565件で、前年同期より1万9914件、39.5%の減少となった。詐欺や悪質商法に関する相談が63.6%の減少を見せる一方、名誉毀損、誹謗中傷に関する相談が39.1%の増加、迷惑メールに関する相談が24.6%の増加となった。

また、安全なインターネット利用に関する情報を提供するサイト「インターネット安全・安心相談システム」へのアクセス数は、2005年6月の運用開始から延べ40万9954件となり、1日平均1079件だったという。

(Security NEXT - 2006/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂