Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

練馬区、予防接種の予診票340名分を誤送付

練馬区は、ポリオ予防接種対象者の個人情報が記載された予診票用紙を送付する際、約340名分の用紙を誤って別人の封筒に入れて郵送した。

誤送付されたのは、予防接種を受ける前に記入する予診票用紙。大泉郵便局管内の一部で、本人以外の用紙4名分を混入したものが送られた。同用紙には、予防接種対象乳児の氏名、住所、生年月日などが記載されていた。誤送付の対象者は約340名。

封入作業の担当者が5名分の用紙をまとめて折目を入れていたところ、その束を誤ってそのまま封入した。さらに、実際の封入件数と対象児リスト件数の照合を怠っていたことにより、誤送付が発生したと見られている。

同区では、職員が訪問し、誤送付された用紙を回収。また、新しい用紙を送付するとしている。今後は業務マニュアルを作成するとともに、対象児リストにチェック欄を設けてチェック業務を徹底するなど、再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社