Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

au端末3機種に不具合 - 強制リセットや画像表示に異常

KDDIは、同社携帯電話auの端末3機種に不具合があると発表した。同社では問題を解決するソフトウェアを公開しており、端末の更新機能によりソフトウェアのアップデートすることが可能。

カシオ製端末「W42CA」と日立製端末「W42H」では、端末のソフトウェアの一部に問題があり、メール送受信時に、宛先や件名、本文に特定の文字があると電源がリセットされる現象が発生する。

また、京セラ製端末「A5521K」では、特定の状況下において発信履歴やアドレス帳の表示や背景、アイコン表示などに不具合が発生。さらにメール作成やアドレス帳に文字入力を行った際に電源がリセットされる。

いずれも端末に搭載されているソフトウェアの更新機能「ケータイアップデート」を利用することでソフトウェアのアップデートが可能。

au
http://www.au.kddi.com/

(Security NEXT - 2006/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局