Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文書処理課程を画像で記録するセキュリティシステム - ナカバヤシ

ナカバヤシは、機密文書処理代行サービス向けに車載式画像監視システム「セキュリティトレーサー NST-40」を提供すると発表した。価格は79万円。

同サービスは、出張型の処理サービスにおいて文書の裁断やリサイクルの過程を動画として記録することでセキュリティを向上させるシステム。

4台のカメラとGPS、画像記録装置で構成され、作業者、荷下ろし課程、処理作業などを録画、画像はDVDなどで顧客に提出する。画像は複数の要素を同時に録画しており、画像の偽造は困難だという。

また、管理ソフトにより運転手へ省エネ運転や安全運転を指導する。同社では、8月中旬より、処理サービス事業者「パピルスネットワーク」会員へ先行して提供する見込み。

(Security NEXT - 2006/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口