Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内LANから個人情報へアクセス可能な状態に - 東京工業高等専門学校

東京工業高等専門学校は、学内のLAN上に個人情報が誤って公開されていたことを明らかにした。学外からのアクセスはなかったという。

同校の事務用データがLAN内からアクセス可能な状況になっていたもの。7月18日に学校内の関係者の指摘により判明した。データ移行の際にファイルの共有機能を利用し、そのままデータが放置された状態だったという。同校によれば、学校外のネットワークから閲覧することはできなかったとしている。

氏名や学籍番号、成績、顔写真など、1603名分の学生情報や、315名の教職員の氏名、住所、給与情報、実習先企業の担当者60名分の情報などが保存されていた。また、パスワードにより保護されていたが、1403名分の入試データもアクセスできる状態だった。

同校では、学生や保護者など関係者に事情を説明し、謝罪した。特に被害や苦情などは寄せられていないという。

(Security NEXT - 2006/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP