Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振り込め詐欺で利用された住所を公開 - 警察庁

警察庁は、振り込め詐欺に利用された住所の一覧を公開した。

同庁によれば、今年2月から4月にかけて特定の住所へ電信為替や現金書留などにより現金を送付するよう指示する振り込め詐欺が増加。日本郵政公社に送付先として指定された住所を配布し、注意喚起を行うなど対応してきたという。

さらに定型小包により金銭を送るよう指示されるケース100件以上報告されているのを受け、被害拡大を防ぐため、ホームページ上で住所を公開に至ったという。同庁では、1カ月に1度のペースで一覧をアップデートしていくとしている。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
メール本文に送信先メアドを誤って貼り付け送信 - 静岡県
イベント申込フォームで他申込者の個人情報を表示 - 水戸ホーリーホック
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで