Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny上に富山県内の精神疾患患者の情報が流出 - 業務委託先から

富山県高岡市をはじめとする同県4市の精神疾患の患者情報がWinny上へ流出していたことがわかった。

流出した個人情報は約1653人分で、氏名や住所、性別や生年月日のほか、病名や障害の等級なども含まれる。システム開発を受託していたインテックの社員がシステム検証の目的でデータを自宅へ持ち帰ったが、パソコンにウイルスが感染しており、Winny上へ流出した。

高岡市では今回の漏洩を発覚を受け、26日に記者会見を実施し、謝罪。インテックでは、流出ファイルの拡散を防止するため、ファイルの削除を行っているという。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE