Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ナニワ計算センター、自治体向けセキュリティチェックソリューションを発売

ナニワ計算センターは、情報セキュリティの管理状況をチェックできる地方公共団体向けパッケージ「Web Self Check」を8月1日に発売する。

同製品は、地方公共団体の職員がウェブブラウザで経由でチェック項目に回答することで、団体内の情報セキュリティ状況を調査、分析できるセキュリティソリューション。回答の進捗状況の確認やレーダーチャートによる集計結果の表示やExcel形式の書き出しが可能。

2003年に公表された総務省の自治体向けチェックリストをもとに作成しており、設問をわかりやすいよう工夫したという。

(Security NEXT - 2006/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加