Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報2万件を含む携帯端末が盗難被害に - NHK

NHKは、6月29日にさいたま放送局のスタッフが業務中ひったくりに遭い、視聴者の個人情報2万2803件が記録された携帯端末が盗まれたと発表した。

盗まれた端末は、受信料の契約や収納業務に使用しているもので、さいたま市緑区の視聴者1万9172名、および浦和区の視聴者3631名の氏名、住所、電話番号などが登録されていた。

同端末にはセキュリティ措置が講じられているが、同局では不審な電話や集金人を装った訪問などに注意するよう求めている。また、該当する視聴者に対して文書を送付するとともに、防犯対策を徹底するなどの再発防止策を実施して、個人情報の適正管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力