Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファックス番号の誤掲載で顧客1名の個人情報を流出 - 住宅販売会社

有楽土地住宅販売は、同社が配布したチラシに誤ったファックス番号を掲載したことにより、顧客1名の個人情報が第三者に送信されたと発表した。

同社によれば、6月2日および3日に配布された無料査定シートに、誤ったファックス番号を記載。そのため、無料査定を希望した顧客1名が、誤った送付先へファックスを送信してしまったという。

ファックスには、氏名、マンション名、部屋番号、電話番号、ファックス番号などが記載されていた。同社では、誤送信先に謝罪するとともに、ファックスの廃棄を確認した。顧客に対しては、確認が取れ次第謝罪するとしている。今後は印刷物の校正をより厳重に行うとしている。

(Security NEXT - 2006/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造