Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファックス番号の誤掲載で顧客1名の個人情報を流出 - 住宅販売会社

有楽土地住宅販売は、同社が配布したチラシに誤ったファックス番号を掲載したことにより、顧客1名の個人情報が第三者に送信されたと発表した。

同社によれば、6月2日および3日に配布された無料査定シートに、誤ったファックス番号を記載。そのため、無料査定を希望した顧客1名が、誤った送付先へファックスを送信してしまったという。

ファックスには、氏名、マンション名、部屋番号、電話番号、ファックス番号などが記載されていた。同社では、誤送信先に謝罪するとともに、ファックスの廃棄を確認した。顧客に対しては、確認が取れ次第謝罪するとしている。今後は印刷物の校正をより厳重に行うとしている。

(Security NEXT - 2006/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性