Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファックス番号の誤掲載で顧客1名の個人情報を流出 - 住宅販売会社

有楽土地住宅販売は、同社が配布したチラシに誤ったファックス番号を掲載したことにより、顧客1名の個人情報が第三者に送信されたと発表した。

同社によれば、6月2日および3日に配布された無料査定シートに、誤ったファックス番号を記載。そのため、無料査定を希望した顧客1名が、誤った送付先へファックスを送信してしまったという。

ファックスには、氏名、マンション名、部屋番号、電話番号、ファックス番号などが記載されていた。同社では、誤送信先に謝罪するとともに、ファックスの廃棄を確認した。顧客に対しては、確認が取れ次第謝罪するとしている。今後は印刷物の校正をより厳重に行うとしている。

(Security NEXT - 2006/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施