Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIの顧客情報流出事件、ニフティにも影響

ニフティは、KDDIから流出した約400万名分の顧客情報の中に、同社のIP電話サービスを申し込んだ顧客895名分のデータが含まれていたことを明らかにした。

流出が確認されたのは、2003年12月18日以前に、同社のIP電話サービス「KDDIフォン for @nifty」または「@niftyフォン-K」を申し込んだ895名の個人情報。氏名、住所、連絡先電話番号、連絡先メールアドレスなどが含まれている。KDDIからの連絡により流出の報告があったという。

同社では、流出の対象となった顧客に対し個別に連絡するとしている。また、問い合わせ専用の電話窓口を設置するなどの対応を行う。

(Security NEXT - 2006/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者