Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2005年の国内セキュリティソフト市場、前年比21.9%増 - IDC Japanレポート

調査会社であるIDC Japanは、国内のセキュリティソフトウェアの市場規模やベンダー別売上、年間成長率予測などをまとめたレポートを発表した。

「Japan Security and Continuity 2006」の講演で発表されたもので、レポートによれば、2005年の国内セキュリティソフトウェア市場は前年比21.9%増の1324億円に達したという。同社では、個人情報保護法対策やセキュリティ意識の高まりが、成長の原因だと分析している。

法整備やセキュリティ意識の高まりなど、管理強化が求められている背景を踏まえると2010年までの年間成長率も11.2%を維持する一方、その後は技術のコモディティ化により緩やかに伸びになるのではないかと予測している。

(Security NEXT - 2006/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」