Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2005年の国内セキュリティソフト市場、前年比21.9%増 - IDC Japanレポート

調査会社であるIDC Japanは、国内のセキュリティソフトウェアの市場規模やベンダー別売上、年間成長率予測などをまとめたレポートを発表した。

「Japan Security and Continuity 2006」の講演で発表されたもので、レポートによれば、2005年の国内セキュリティソフトウェア市場は前年比21.9%増の1324億円に達したという。同社では、個人情報保護法対策やセキュリティ意識の高まりが、成長の原因だと分析している。

法整備やセキュリティ意識の高まりなど、管理強化が求められている背景を踏まえると2010年までの年間成長率も11.2%を維持する一方、その後は技術のコモディティ化により緩やかに伸びになるのではないかと予測している。

(Security NEXT - 2006/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者