Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セガトイズ、メール誤送信で顧客のアドレス約1万2000件を流出

セガトイズの顧客メールアドレス1万2639件の流出が明らかになった。アンケートメール送信時に操作ミスあり、他の受信者のアドレスが閲覧できる状態で送ってしまったもの。

誤送信が発生したのは、「お茶犬アンケートのお願い060612」と題して顧客に送られたメール。宛先に「BCC」を利用せず、「CC」に記入していた。さらに、誤送信判明後、「メッセージの取り消し」を試みたが、顧客に同様のメールを再度送信する結果になったという。

同社では、アンケートメールの配信を一時停止してメールシステムの見直しを図るとともに、個人情報の取り扱いに関する教育を再度徹底して再発の防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正